留学プログラム

スポーツ短期トライアウト・キャンプ

アメリカ・シアトルキャンプ2017

キャンプタイトル.jpg

 2017年4月トライアウトに続き、ウィズユーアメリカサマーキャンプ開催が決定しました! 主な対象はU-19 男子サッカー選手です。夏のシアトルでサッカーをしながら、大学を見学したり、英語を使ってサッカー仲間と交流してみませんか!

インターハイの時期とも重なるため、途中参加希望の相談にものっています!(ただし、現地合流までは一人で移動となります。

 

ご案内資料とお問い合わせ先

ご案内チラシはこちら→ pdf ウィズユーシアトルキャンプ2017_2枚.pdf (0.55MB)

お問い合わせ・お申し込みページはこちら→ シアトルキャンプお問い合わせフォーム

お申し込み締め切り:  早期申し込み特典付き:2017年6月30日 (5,000円割引!)

            一般締め切り    :2017年7月10日

            締め切り後は、航空券手配が可能な場合にのみ受付いたします。お問い合わせください!

キャンプ開催概要

キャンプ概要.jpg

 

参加特典!

・参加者は、弊社スポーツ留学・一次審査費用25,000円が無料になります!(2017年12月までの一次審査申込者に限る)

・この時期なら、新高校3年生は、日米両方の推薦入学を検討可能!

・トライアウト終了後、希望者には現地トライアウトや大学情報、進学カウンセリングを行います。(後日・事前予約制)

 

8月4日~6日は、高校選手(U-19)チームとのトーナメント戦!

交流試合でも、シアトル近郊の大学サッカー部監督から直接オファーをもらうチャンス!

RushCup_image.pngUofW.pngPikePlacemarket.png

 

1 ワシントン州内のクラブチームと3日間の試合 + 練習試合

 8月4日~6日は、ラッシュ杯と呼ばれる、ワシントン州のクラブチームが参戦する試合に、ウィズユーの選手が日本からのチームとして出場します。この3日間には、ワシントン州の各大学の監督やスカウトスタッフが見学に訪れ、良い選手には入部オファーがあります。ウィズユーのこれまでのキャンプ実績から見ても、日本でサッカー部に所属していた高校選手は、アメリカの高校選手と比べて圧倒的にサッカー経験年数が長く、技術的に優れていることから、積極的にオファーをもらえることも多いです(2016年キャンプ参加者のうち、高校3年生以上はほぼ100%、四年制大学または二年制大学からの入部オファーをもらいました。ただし、奨学金オファーがあったのは全員ではありません。)。

 今回、主催者だけでなくウィズユーのネットワークも活用し、日本人学生が入学しやすい大学等に声をかけ、見学に来てもらうよう準備中です。ワシントン州の大学は、「英語付属コース」を学内に設けているところが多く、英語の勉強からスタートして大学に進学できる点も、大きな魅力なのです!

2 アメリカの大学見学

 暮らしやすい都市として人気のあるワシントン州・シアトル。この街には、名門ワシントン大学や、サッカー部が活躍している大学として有名な、シアトル大学・ウェスタンワシントン大学があります。海外留学に興味がある方、日本の大学に進学するとしても、一度その大学を休学して留学してみたい方なら、ぜひ一度、アメリカの大学見学をしてみていただきたいと思います。今回、滞在期間中に四年制大学と二年制大学、両方を見学するスケジュールを組んでいます! 

3 シアトル市内観光 

 せっかくアメリカに行くのですから、その魅力も思い切り楽しみましょう!スポーツ観戦(サッカーまたは野球)、スターバックスコーヒー1号店、スペースニードルやパイクプレイスマーケット、航空機製造で有名なボーイング社など、様々な魅力があります。(今回は試合参加を主目的としており市内観光は空き時間に実施するため、大幅な航空機遅延などの場合には予定していた市内観光地すべてを回れない可能性もありますこと、あらかじめご了承ください。ウィズユーでは参加者の皆様にお楽しみいただけるよう、不測の事態にもできる限りの努力をいたしますが、限られた時間で行程変更をしなければならない場合もありますこと、ご理解ください。)

 

キャンプスケジュール(詳細は最終行程表にてご案内)

 

キャンプスケジュール.jpg

 キャンプ参加費用について

summercampfee_chart.jpg 

ご案内チラシはこちら→  pdf ウィズユーシアトルキャンプ2017_2枚.pdf (0.55MB)

 

お問い合わせ・お申込みはこちら→ シアトルキャンプお問い合わせフォーム

 

 

アメリカ大学サッカーの魅力

 

1 各大学のすばらしい設備!

 

summer18.jpg

 

  アメリカの大学スポーツはしっかりと予算が組まれており、四年制大学のトップレベルでは日本のプロチームを超える規模の設備が整っています。二年制大学でも、プロ選手やオリンピック選手と共同で使用している設備もあります。

 

2 部費や遠征費は基本的に大学負担!

 

  スポーツ大学留学が意外に安く済むのはココ!もちろん、保険や多少の部費など本人が負担しなければならない費用はありますが、日本の強豪大学のような部費を払う必要はありません。郊外の大学を選べば、日本の私立大学に自宅外通学する方とさほど変わらずに留学を実現することができます。

 

3 一チーム2530名のみ。入部を認められれば公式戦出場の可能性は十分にある!

 

  日本の名門校ともなれば、一つの大学に100名以上が在籍することも当たり前。一方でアメリカの大学スポーツは登録選手の数に制限があり、ほとんどの大学で30名以下。入部できれば、公式戦出場チャンスはぐっと高まります。日本でトップチームに上がれず悔しい思いをしている方こそ、試合出場のチャンスをアメリカの大学に求めて挑戦してください!

 

4 サッカー・英語・フィジカルトレーニングの全てをフィットネスの国アメリカで強化できる!

 

  アメリカで自然と食事の量が増え、チームメイトと(学内の)ジム通いをしているうちに自然と、英語も体づくりもできてしまいます!もちろん、楽な道ではなく、留学中の選手たちは皆、必死で勉強し、トレーニングしていますが、今と違う自分を作り上げたい方には、アメリカ大学進学は、チャンスです。

 

 

5 大学スポーツ選手への奨学金制度充実!

 

  大学にもよりますが、返済不要のアスリート奨学金制度を整備しており、中には優秀選手にフルスカラシップ(全額奨学金・・・授業料と寮費全額免除)をオファーするところもあります。特に四年制大学の高い授業料と寮費(年間300〜600万円)をカバーしてもらえる利点は大きいのです。サッカーの実力でこれらの奨学金を勝ち取れたら、いわば「サッカーで稼いだ」のと同じ価値があります!

 

 

お問い合わせ・お申し込みページはこちら→   シアトルキャンプお問い合わせフォーム